記事詳細

日本代表空前の好景気… 柴崎20億円移籍オファー 乾10億円、本田も5億円でイタリア復帰 W杯2018ロシア大会 (1/3ページ)

 【ボルゴグラード(ロシア)28日=久保武司】日本(FIFAランキング61位)は同日午後5時(日本時間午後11時)から、決勝トーナメント進出を懸けて、当地でポーランド(同8位)との1次リーグH組最終戦に臨む。前評判を上回る快進撃を続ける日本に対する世界の注目は高まり、各選手の株はうなぎ上り。MF本田圭佑(32)=パチューカ=の欧州クラブ復帰をはじめ、MF乾貴士(30)=ベティス=やMF柴崎岳(26)=ヘタフェ=にもビッグクラブからのオファーの可能性がささやかれるようになっている。西野朗監督(63)は、大会後、日本縦断の凱旋ツアーでも指揮を執ることが計画されている。空前の好景気だ。

 日本は、大会前に「1次リーグを勝ち抜くのは難しい」といわれていたが、西野監督に代わって生まれ変わった。決勝トーナメントに進出した場合、8強を懸けて戦う初戦の相手は、G組のイングランドもしくはベルギー。ともに優勝候補の強豪だが、勢いでは負けていない。

 持ち味の決定力を発揮してチームを牽引しているのが本田。今季限りでのパチューカ(メキシコ)退団を明言しており、再び欧州リーグ移籍を画策している。それも、古巣ACミランのあるイタリアへの復帰を狙っているという。本田が恩師としているF・インザーギ監督(44)が来季から1部の名門ボローニャの指揮を執ることも決まっている。

 「W杯での活躍で、イタリア国内でも本田が戻ってくるのではないか、という報道も増えた」(イタリアのサッカー関係者)という。

関連ニュース