記事詳細

悪質タックル、内田前監督らの指示認定 日大第三者委が中間報告

 日本大アメリカンフットボール部による悪質な反則問題を調査している日大の第三者委員会は29日、東京都内で中間報告を発表し、守備選手の危険なタックルについて内田正人前監督、井上奨前コーチの指示で行われたと認定した。

 内田前監督と井上前コーチを「指導者としての資質を著しく欠いている」とした上で、責任転嫁するような姿勢を「極めて悪質」と指摘。問題発生後の対応で、一部の日大関係者により当該選手に責任を押しつけ、監督やコーチの指示はなかったことにしようとする不当介入が行われたとした。

 関東学生連盟は内田前監督、井上前コーチから反則をするように指示があったと認定し、両氏を事実上の永久追放に相当する除名処分とし、チームにも条件付きでの2018年度シーズン終了までの公式試合出場資格停止処分を科した。