記事詳細

西野監督が退任「任期まっとうした」 W杯2018ロシア大会

 サッカーW杯ロシア大会で日本代表を率いた西野朗監督(63)が5日、帰国後に空港近くのホテルで記者会見し、今後について、「任期をまっとうした」と語り、日本代表監督から退任することを明かした。

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)、主将の長谷部誠選手(34)=フランクフルト=と会見に臨んだ西野監督は「契約は今月末日まで。任を受けた瞬間から、ワールドカップ終了までという思いでやってこさせてもらった。任期をまっとうした気持ちでおります」と語った。

 田嶋会長も「西野さんにお願いするとき、この大会で終わると約束した。慰留することはしませんでした。7月末でもって、日本代表監督を終了することになる」。田嶋会長は次期監督の人事は7月中に決定したい意向を示している。

関連ニュース