記事詳細

ネイマールの“猿芝居”を嘲笑 ゴロゴロ転がり…子供もマネして動画アップ

 W杯ロシア大会で優勝が至上命題だったサッカー王国ブラジルは準々決勝で敗れ、エースFWネイマール(26)は、ファウルを受けたと見せかけてワザと倒れる“猿芝居”の数々が「シミュレーション王」「恥知らずのダイバー」などと批判の的になっている。

 動画投稿サイトYouTubeにアップされた『Practicing “The Neymar”』と題された動画は、投稿3日で66万回以上(8日現在)の再生回数を誇り、ドリブル練習をする子供たちが「ネイマール!」と叫び、うめき声をあげながらグラウンド上に倒れ込み、足を手で押さえ痛がったり、ゴロゴロとピッチ上に転がったり。「これは笑える」「笑いが止まらん」などとコメントが寄せられている。

 ツイッター上には、『#Neymar Challenge』を付けた多くの動画が投稿されている。「#」を付けることで共有されるつぶやきの中には、子供だけでなく、犬やネズミが転がる動画や、痛がるネイマールをCG編集した動画も広がっている。

 多くは笑いの対象だが、子供たちがマネするとなれば看過できない。ネイマールの高い能力を疑う人間はいないが、“ダイブ癖”を直さない限り嘲笑する動画は増え続け、真のスターとはいえないだろう。

関連ニュース