記事詳細

3三振でも他にいない…阪神・陽川4番続投 「対応力はある。乗り越えてほしい」

 後半戦初戦、阪神の4番・一塁で先発した陽川尚将内野手(26)は3三振でブレーキとなった。

 初回2死一塁から左前打でつなぎナバーロの先制打をアシストしたが、8回無死二、三塁の絶好機には沢村のフォークにバットが空を切った。15日の練習後には後半戦に向けて「自分の最大限を出せるプレーをやっていきたい」と意気込んだが、主軸として初めて挑んだ伝統の一戦で存在感を示せなかった。

 右足腓骨骨折の糸井は、球宴には強行出場したものの、この日は1軍登録を見送った。不振で2軍調整中のロサリオも復調にメドが立たない。陽川も岡本同様、「マークが厳しくなってからが本当の戦い。対応力はある子だし乗り越えてほしい」(球団関係者)と当面4番を任されることになりそうだ。(山戸英州)

関連ニュース