記事詳細

山根氏、日大客員教授解任 「大学として不適切と判断」 夕刊フジ既報通り

 日本ボクシング連盟の不正疑惑で会長を辞任した山根明氏(78)が、日本大の客員教授を7日付で解任されたと日大広報部が10日、明らかにした。夕刊フジは「日大が、山根氏の客員教授の職を解く手続きを進めている」と報じていた。

 山根氏は助成金の流用や過去の暴力団組長との交友関係を認めて批判を受け、8日に日本連盟の会長辞任を表明した。日大広報部は「大学として不適切と判断した」と説明した。

 山根氏は4月にスポーツ科学部の客員教授に就任。教壇には立ったことはなく、給与は支払われていないという。山根氏は夕刊フジの取材に「日大ボクシング部OB会の特別会員になっており、田中英寿理事長とも親しい」と話していた。