記事詳細

ドラフト目玉、大阪桐蔭・根尾内野手に日本ハムが“リリーフ限定二刀流”の仰天プラン 甲子園 (2/3ページ)

 大谷の入団時にGMとして投打二刀流の可能性を開いた山田顧問は「(根尾を)基本的には野手とみているが、遊撃で先発し、何日かに1度リリーフで登板するのが一番面白いんじゃないか」とみる。

 投手としては先発、打者としてはDHがほとんどだった大谷とは違う、“リリーフ限定二刀流”の可能性を示唆。チームのピンチにショートの定位置からマウンドへ-という新たな夢が広がる。

 この日は、大谷育成に直接携わった栗山監督が遠征先の福岡から直接札幌に戻らず、異例の甲子園視察を敢行。「(桐蔭の戦いぶりは)すごかったね。素晴らしい」と関心の高さを見せつけた。

 昨秋ドラフト1位の清宮幸太郎内野手は右肘の炎症もあって現在2軍調整中だが、毎年競合覚悟で「その年のナンバーワン選手」を1位指名する方針を示してきた日本ハムが、今年もルーキーイヤーから話題の中心となりうる素材に照準を絞っているようにみえる。

 中日も指をくわえて見ているわけにはいかない。根尾が本拠地愛知のお隣、岐阜県出身とあって、球団幹部は「どれをとっても潜在能力は特A。地元出身だから余計気になる」。親会社の販売圏内から出たスーパースター候補だけに、見過ごす手はないというわけだ。

 横浜DeNAも高田GMがこの試合に合わせて来阪。そもそも甲子園では通常、全出場校の試合を一通り視察したスカウトは自分の担当地区へ戻るものだが、今回は多くのスカウトが大阪桐蔭の2回戦を見るために滞在を延長していた。

関連ニュース