記事詳細

大坂なおみ、3年連続2回戦進出 全米オープン

 ■テニス「全米オープン」第2日(28日、ニューヨーク、ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)

 女子シングルス1回戦で第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品、写真、USA TODAY=は世界ランキング146位のラウラ・シグムント(ドイツ)を6-3、6-2で下し、3年連続で2回戦に進んだ。

 気温は35度と暑かったが、「大会前にフロリダで練習してきて良かった」と苦にしなかった。第1セットは5-1からサービスゲームを落としたが慌てる様子はなかった。

 今大会は25秒以内にサーブを打つ時間制限を設けられ、得意のサーブへの影響が心配された。第1サーブの確率は51%にとどまったが、「自分がやりたいプレーはできなかったが、第1セットで相手の追い上げを止めて勝てたことは良かった。(サーブは)修正しないといけない」と落ち着いた様子。むしろシグムントが主審から注意を受けてリズムを乱す場面があった。

 大坂は今季に入って一時は調子を落として苦しんだ。それでも「今は以前のような気持ちを取り戻している」と自信を取り戻している。2回戦は予選勝者で世界162位のユリア・グルシュコ(イスラエル)と対戦する。