記事詳細

大坂なおみは東京五輪の「ビジネススター」 企業から熱視線

 女子テニスの大坂なおみ(20)について、米フォーブス誌は18日、「ビジネススターとしての価値が上がり続けている」と報じた。特に東京五輪に関連して契約を希望する企業が増えているという。

 同誌は「大坂は日本と米国の両方にアピールしていることが企業との契約に効果がある。全米の優勝は大坂のキャリアを加速させている。東京五輪にかけて企業は大坂に対して興味を示している」などと報じている。

 同誌の中で、大坂の所属事務所IMGの担当者、スチュアート・ドゥグイド氏は、東京五輪に関しての大坂に対する各企業の興味について「明確な興味が示されている。これは特に日本選手に対するものだ。しかしIOCには厳格なルールがある」として、慎重に契約を進めているという。

 また、同誌はドゥグイド氏の「アジアのスターは本国で敬意を集める。大坂、錦織、チョン・ヒョン(韓国)はナショナルスターだ。なおみブランドはすでに人気が高いが、彼女はまだ選手としてのキャリアはこれから。このまま活躍すれば、世界は彼女の思いのままになる」との談話も紹介している。

関連ニュース