記事詳細

阪神・西岡が1軍昇格へ 原口が登録抹消

 阪神の“新・代打の神様”原口文仁捕手(26)が21日に1軍出場登録を抹消されることが20日、わかった。代わりに西岡剛内野手(34)が昇格する。

 関係者によると、原口は19日のヤクルト戦(神宮)の9回に石山から死球を受けた左手の痛みが引かず、骨折した可能性が高い。今季は桧山進次郎氏が持つ球団のシーズン代打安打記録「23」まであと1本に迫っている。20日の広島戦(マツダ)でも6回に代打で出場し三振に倒れていた。

 20日夜に極秘で広島入りした西岡は、今季開幕1軍メンバーだったが、出場18試合で打率・152と不振に陥り、5月18日に2軍降格していた。来季の去就は微妙な状況。シーズン最終盤に訪れたラストチャンスをモノにできるか。