記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】プロ89期生対談 植竹希望「ラインを読むとき足を開かない」 吉川桃「歩き方もがに股にならないように」 (1/3ページ)

★89期生対談(2)

 昨年2017年プロテスト合格の女子プロ89期生には新垣比菜、勝みなみらの有力プロがズラリ。同期生で、高校のクラスメートだった吉川桃(20)と植竹希望(20)による裏話トーク第2弾。

 植竹「プロになる前となった後では何か変化があった?」

 吉川「賞金をもらえるようになったというのが一番の変化だと思うけど、それと同時に気になるのは経費のことだね(笑)。試合に出始めの頃はそんなに気にならなかったけど、やっていくうちに『お金が掛かるんだな』と思うようになって。その分、たまに変な緊張感を感じることがあるんだよね」

 植竹「私の場合は、スポンサーさんの期待に応えたいというのがけっこうあって、それがちょっとしたプレッシャーになっているかな。あと、これまでお世話になった人に恩返ししたいという気持ちもあるしね。特に今年はそんなに活躍できていないから、周りからも『もっと頑張れよ~』みたいなことを言われ、『やってやるぞ』って気持ちにはなるんだけど、それが結果につながらなくて悔しい思いをしたり」

 吉川「希望ちゃんはもともと責任感が強かったからね。それがプロになってもっと強くなったような気がする。私から見ればちゃんとしてるというか、しっかりし過ぎているよね(笑)」

関連ニュース