記事詳細

貴ノ岩VS元日馬富士 仁義なき代役法廷バトルが“開幕”

 双方の代理人に大物弁護士が就き、熾烈な法廷闘争が幕を開けた。

 昨年10月に元横綱日馬富士(34)が貴ノ岩(28)を殴ってケガをさせた傷害事件をめぐり、貴ノ岩が元日馬富士に対し約2400万円の損害賠償請求を求めて東京地裁に提訴した。代理人弁護士が4日に都内で会見した。

 訴訟の請求金額は2413万5256円。代理人の1人、佐藤歳二弁護士は「元日馬富士側の言い分は当初30万程度、調停の申し立て時の正式な回答では50万と言っていた」と明かした上で、「市民生活を取り戻すことを考えれば数十万円単位の話かもしれないが、スポーツ選手が傷つけられると選手生命がなくなる原因ともなる」と主張した。

 佐藤弁護士らが所属するTMI総合法律事務所は東京、名古屋、大阪、神戸にオフィスを構え400人近い弁護士を抱える大手。刑事事件から企業法務まで幅広く手掛ける国内有数の事務所だ。

 対する日馬富士側の代理人は、のぞみ総合法律事務所の矢田次男弁護士。“ヤメ検”で大手企業の不祥事を担当。今年4月に未成年への強制わいせつ容疑で書類送検され活動を自粛したTOKIO元メンバーの山口達也の謝罪会見にも同席。芸能関係の不祥事でも辣腕をふるった業績がある。

 民事訴訟に詳しい弁護士の高橋裕樹氏は「元日馬富士側が数十万、数百万と主張してもやや低額であるし、貴ノ岩側も請求金額の計算根拠も不確実なところもあると思うので、裁判所は間をとって和解の勧告をするのではないか。和解しなければ判決を出すという話になる」と話している。

関連ニュース