記事詳細

阪神17年ぶり最下位…それでも金本監督続投でいいのか? 「ヨシノブは辞めたぞ!」ファンから怒号も (1/3ページ)

 それでも来季続投でいいのか。阪神は8日のヤクルト戦(神宮)に5-6で敗れ、野村克也監督時代の2001年以来、17年ぶりのシーズン最下位が決まった。この日も序盤に6点リードを許し終始劣勢、終盤の追い上げも届かなかった。球団幹部は就任3年目の金本知憲監督(50)の来季続投を示唆しているが、試合後のスタンドからは首脳陣の責任を問う声が相次ぎ、今後さらに物議を醸しそうだ。(山戸英州)

 「辞めろ! 替われ!」

 「ヨシノブ(今季限りでの退任を表明した巨人・高橋由伸監督)は辞めたぞ!」

 試合後、グラウンド上を三塁側フェンス沿いに歩いて引き上げる金本監督へ、熱狂的ファンから怒号が飛んだ。

 大阪から駆けつけ、完敗した前日(7日)の同カードから2戦続けて観戦した男性ファン(17)は「特に金本監督、片岡ヘッド兼打撃コーチの2人に対するヤジがすごい」と証言。一方で、今季出場機会が減っている鳥谷、奮闘する41歳のベテラン福留らには「来年も頑張れ」と温かい声援が飛んだという。

 金本監督は「現実を受け止めないと。本当にファンには申し訳ない気持ち」と力なく謝罪の言葉を口にした。

 谷本修球団本部長も「ファンの期待に沿えられなかった。またイチからやり直します」とざんげしたが、Bクラスが決まりクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が完全消滅した4日のヤクルト戦(甲子園)後同様、この日も「まったく変わらないです」と指揮官の来季続投方針を示唆した。

関連ニュース