記事詳細

大坂なおみ、得意のハードでWTAファイナル初戦へ ハードコート勝率トップ・743

 女子テニスのツアー年間成績上位者8人だけが出場するWTAファイナルが21日、シンガポールで開幕。全米オープン覇者で世界ランキング4位の大坂なおみ(21)=日清食品=は1次リーグ初戦(日本時間22日午後8時30分開始予定)で同8位のスローン・スティーブンス(米国)と対戦する。

 今大会初出場の大坂は前日、練習コートで約1時間汗を流した。スティーブンスとは過去1度対戦して敗れているが、今大会のサーフェスは得意のハード。今季のハードコートの勝率は・743で出場8選手中、スビトリナ(ウクライナ)と並びトップ。最下位のスティーブンスより優位といえる。

 サーシャ・バインコーチ(34)も「どんなに速いコートでも、なおみには良いこと」と太鼓判を押している。