記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】バンカー越えでも普通のアプローチのつもりで (1/2ページ)

★高見和宏(2)

 同じ30ヤードのバンカー越えでも、バンカーを越えてからピンまで距離がある場合と、バンカーを越えてからすぐにピンがある場合とでは、プレッシャーの掛かり方がかなり変わってきます。

 もちろん、より大きなプレッシャーを感じるのは後者。こういう場合、多くのゴルファーは、すくい打とうとしがち(写真〔1〕)。また、「ボールの転がりを押さえるためにフェースを開いたほうがいいんじゃないか」「スタンスもオープンにしたほうがいんじゃないか」など、いろいろなことを考えて、結局迷いながらボールを打ってミスをするというケースが多いようです。

 実はこういう場合でも、特別なことをする必要はありません。バンカーを越えてすぐにピンがあるといっても、バンカーの縁から1~2ヤードのところにピンがあるということはないのですから、通常のアプローチ同様、スクエアに構えて、ロフト通りにボールを打ち出せばいいのです(〔2〕~〔3〕)。

 考えるべきは、ボールをどこに落とすかだけ。少しキャリーを小さくしたいと思ったら、バックスイングを少し小さくするだけです。

関連ニュース