記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】50%の力でしっかりダウンブローで打つ! (1/2ページ)

★小田孔明(2)

 プロはアイアンを打つとき、アマチュアゴルファーのようにフルショットはしません。力の入れ具合は、私の場合はだいたい5割程度。他のプロゴルファーもそれぐらいの力加減で打っていると思います。

 ただ、半分くらいのパワーで打つといっても、全体的に力を抜けと言っているのではありません。“軽め”とはいえ、ダウンスイングからインパクトでは、ヘッドを上からしっかり入れる必要があります。

 具体的には、構えるときから少し左足体重にしてダウンブローで打つイメージをつくっておきます。そこからゆっくりクラブを振り上げ、トップはスリークオーターぐらいの感じでOK。そして、ダウンスイングからインパクトでは、ボールの先にターフを取るつもりでヘッドを入れていきましょう。このとき、右足体重にならないように、しっかり右足を押し込んで左足体重にすることも重要なポイントになります。

 また、私がいつも意識しているのは、ヘッドを上から入れてターフを取った後、そのまま10センチくらいヘッドを真っすぐ出すこと。そしてパンチショットのように、その時点でスイングは終わりのイメージで振ることです。

 もちろん、強くヘッドを入れているので自然と体は回っていき、グリップは頭のあたりまで上がりますが、ドライバーショットのように、グリップが背中の方までいくことはありませんし、そこまで持っていく必要もありません。

関連ニュース