記事詳細

高校野球を見習った!? 日米野球も「レジェンド始球式」

 日米野球で連日、元日本人大リーガーのレジェンドたちが始球式を務めることになった。

 8日の巨人対MLBオールスターチームのエキシビションゲームでは、岡島秀樹氏(元レッドソックスなど)と高橋尚成氏(元メッツなど)の2人。9日の第1戦(東京ドーム)は、MLBチームの一塁ベースコーチも務める松井秀喜氏(元ヤンキースなど)。11日の第3戦(同)は斎藤隆氏(元ドジャースなど)、13日の第4戦(マツダ)は黒田博樹氏(元ドジャースなど)、14日の第5戦(ナゴヤドーム)は川上憲伸氏(元ブレーブス)がマウンドに上がる。

 第100回大会となった今夏の甲子園で、過去の名選手たちが連日始球式を行い話題を集めたことにならったのだろうか。今回のMLBチームは今季ナ・リーグMVP最有力候補のイエリチ(ブルワーズ)らが出場を辞退し顔ぶれが寂しくなっているが、せめてもの客寄せになるか。

関連ニュース