記事詳細

稀勢の里、一人横綱で優勝チャンス生かせるか 「やるべきことしっかりやるだけ」

 九州場所(11日初日・福岡国際センター)を、横綱白鵬(33)=宮城野=と横綱鶴竜(33)=井筒=が全休することが8日、決まった。秋場所で8場所連続休場から復帰し10勝を挙げた横綱稀勢の里(32)=田子ノ浦=は、初めて一人横綱となった。

 先月中旬に右膝と右足首の手術を受けた白鵬は当初から休場濃厚だったが、鶴竜は右足首に不安を抱えていたものの、出場するとみられていた。この日も、時津風部屋の出稽古で平幕正代に9戦全勝したが、師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)に休場を申し出た。井筒親方は「医師には『前半戦は持つかもしれないが、中盤戦以降は厳しい』と言われた」と説明した。

 稀勢の里にとっては願ってもない展開。この日、福岡国際センターで行われた前夜祭では「やるべきことをしっかりやるだけだから」。まさかのチャンスを生かせるか。

 年間最多勝争いトップに鶴竜と51勝で並んでいる大関栃ノ心も優勝候補。3横綱不在の7月の名古屋場所では御嶽海が初優勝を飾っている。