記事詳細

阪神新主将・糸原を恩師“やくざ監督”が絶賛!? 「プロとしての魂をしっかり持った子」 (1/2ページ)

 来季プロ3年目を迎える阪神・糸原健斗内野手(26)の主将就任が決まった。

 25日に甲子園で取材に応じた糸原は「まさか自分が、という感じ。まずはレギュラーとして出て、キャプテンとしてもチームを盛り上げられればいい」。ここ2年間は福留孝介外野手(41)が務めており、一気に若返ることになるが、矢野監督が「健斗(糸原)にいい意味のプレッシャーを。後ろにはみんなが付いてくれているから」と背中を押した。

 今季は主に二塁手として全試合に出場し打率・286、1本塁打、35打点。低迷する若手野手陣の中で唯一、安定した成績を残した。

 島根・開星高時代の恩師(監督)で“やくざ監督”の異名を取る現教育評論家、野々村直通氏(66)はこの日の午後、糸原本人から「今年初めて」電話があり、報告を受けた。野々村氏からは「プロは自分が一番だけど、キャプテンになれたのは周りの評価あってこそ。やりがいを持って取り組めよ」と声をかけたという。

 身長175センチ、78キロと小柄な糸原に、野々村氏は「小さい子供たちに勇気を与えられる選手を目指せ」とハッパをかけてきた。

関連ニュース