記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】飛距離アップへ、体重移動をスムーズにするドリル (1/2ページ)

★エイミー・コガ(2)

 ゴルフのスイングというのは、ある意味“緊張”との戦いだと思います。その証拠に素振りなら良いスイングができるのに、いざボールを打とうとすると体が硬くなり、体重移動がスムーズにできなくなってしまうという人も多いのではないでしょうか?

 実を言うと私も皆さんと同じようなミスをしてしまうことがよくあります。プロゴルファーといえども生身の人間。実際の試合でもドライバーショットのときに緊張し過ぎ、右足体重のまま打ってしまうことがたまにあるのです。

 そのようなミスを犯さないために練習(特にラウンド前の練習)では、次のようなドリルをするようにしています。

 ドライバーを持って普通に構えたら、その状態のまま右足の横に左足を動かし両足をそろえます。そしてここからスイングをスタートします。クラブを振り上げてトップまで持っていく途中で左足を元に戻し始め、切り返しの時点では左足を元の位置に戻し、ダウンスイングに入ってフィニッシュまで振ります。

 このようにいったん左足を右に動かした後、ダウンスイングに入ると、インパクトでは確実に体重が左に移ります。また、体重移動がスムーズにいくとスイング全体のバランスが良くなり、結果的にエネルギーの伝達も高くなるので、飛距離アップにもつながるのです。

関連ニュース