記事詳細

ガルシア獲得も…矢野阪神を悩ませる中南米選手“操縦術” 関係者「年俸上がるとダメになるケース多い」

 阪神が17日、中日で今季チームトップの13勝(9敗)を挙げるも条件面で折り合わず自由契約となっていた左腕、オネルキ・ガルシア投手(29)と契約を結んだと発表した。年俸1億7000万円(推定)の単年契約。

 「非常にうれしく思う。甲子園の大観衆の前での登板を楽しみにしている」とコメントしたガルシアは今季、広島に対し3勝1敗、防御率2・88。ヤクルトに2勝1敗、2・08。巨人に3勝1敗、1・80と上位チームに強かった。新生矢野阪神にとっては最下位からの巻き返しに欠かせない、貴重な先発左腕となる。

 一方、中日のチーム関係者は「正直、とても痛い。うちの打線は来年、相当苦労すると思う。考えただけでもゾッとする」と肩をすくめる。

 「ガルシアはキューバ出身の“亡命組”で、日本で稼ごうというハングリー精神が旺盛。探求心があり、例えば中6日の調整法について他の投手に助言を求めたり、自ら試行錯誤できる選手。まじめで練習熱心なので、若手が多い阪神ではお手本になると思う」

 グラウンドを離れても「チームや日本に溶け込もうという意識が強く、誰に教わったのか『ハンパねー』という言葉をよく口にしていた」とおちゃめな一面も。

 唯一心配なのは、今季年俸5000万円から一気に3倍以上にはね上がる点だろう。球界関係者は「中南米の選手は、年俸が上がると安心して急にダメになるケースが多い。その選手の心情や来日した背景を把握して、どうやる気を引き出すかだね」と指摘する。矢野監督の操縦術がカギかもしれない。(山戸英州)

関連ニュース