記事詳細

阪神・今成が現役引退…先輩の糸井「残念で寂しい」

 阪神から戦力外通告を受けていた今成亮太内野手(31)が、現役引退することが18日にわかった。谷本球団本部長が明かした。今後は未定。

 日本ハムでプロ野球人生のスタートを切った今成は、12年にトレードで阪神に移籍。勝負強い打撃と、三塁、一塁、外野をこなす器用さで重宝され、持ち前の明るさでもチームを盛り上げた。昨季から2年間は2軍暮らし。「もう1度勝負したい」と12球団合同トライアウトにも参加したが、吉報は届かなかった。

 日本ハム時代からの先輩、糸井嘉男外野手(37)は夕刊フジの取材に「ナリ(今成)とは仲が良く自主トレも一緒の間柄だったので、今後どうするか気にかけていた。引退は残念で寂しい…」と話した。(山戸英州)

関連ニュース