記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】「年俸公表するな」というプロ野球選手はユニホームを脱いだ方がいい (1/2ページ)

 「年俸を公表されたくない。プライバシーの侵害だ。世間一般の長者番付も発表しなくなっているご時世なのだから」

 最近は、こんな寝言のようなことを口にしている選手がいるというのだから驚く。プロ野球選手の自覚ゼロ。ユニホームを脱いだ方がいい。

 世間一般のサラリーマンと違い、突出した結果を出せば天井知らずの年俸アップ。成績が悪ければ、一応ダウン率の限度はあるものの、本人の了解があれば億単位で下げられる。プロ野球選手の評価は年俸がすべてだ。

 信賞必罰があるから、プロ野球選手のサバイバルはファンの関心事になる。今オフの契約更改では、沢村賞を2年連続受賞した巨人のエース、菅野智之投手(29)が、球団史上過去最高年俸の松井秀喜の6億1000万円を上回り、横浜(現DeNA)・佐々木主浩の日本プロ野球史上最高額6億5000万円に並んだ(金額は推定、以下同)。それでも満足せず、「将来的に10億円もらう選手がいてもおかしくないと思う。球団の収益も全チーム上がっている」と明言。10億円プレーヤーは夢ではないとアピールした。

 メジャーリーグのトップスターは年俸20億、30億円が当たり前。日本球界も10億円プレーヤー時代が来れば、“メジャーリーグ症候群”が少しは治まるかもしれない。

関連ニュース