記事詳細

「W杯で指示出していたのは本田」 槙野の発言に岡崎が反論 「好きだけど話を盛る癖がある」

 イングランド・プレミアリーグのレスターでプレーする元日本代表FW岡崎慎司(32)が、J1浦和DF槙野智章(31)の言動に反発した。

 発端は、槙野が25日に放送されたNHK『グッと!スポーツ 2018アスリートが選んだ名場面』に出演し、今夏のW杯ロシア大会で「西野監督は何もしなかった」と振り返ったこと。あえて選手主導のミーティングを促すなど、西野監督(当時)ならではのマネジメント術だったが、槙野は日本代表チームに指示を出していたのは「本田(圭佑)選手(現メルボルン・ビクトリー)です」とも明かした。

 1次リーグ第2戦のセネガル戦でMF乾貴士が同点ゴあールを決めた場面では、本田が乾に「ここでボールをもらえ」とMF柴崎岳のロングパスからの展開を予言。その2分後、乾が本当にゴールを決め、槙野は思わず本田に「監督!」と声をかけたという。

 これがネットニュースなどに取り上げられ、槙野らとともにW杯を戦った岡崎は26日、自身のツイッターに「ワールドカップをこんな風に話にされるのは俺は嫌やなー。実際に監督は西野さんだし、圭佑は選手。槙野は好きだけど、話を盛る癖がある。そしてメディアはその面白い所を取り上げる。番組は観てないけど、もっとワールドカップでの重要な話は他にあると思うけどなー」と不快感を示した。

 ちなみに槙野はこの日、2月に結婚した女優の高梨臨(30)と都内のホテルで挙式。27日からは千葉県内で行われている日本代表合宿に合流する。

関連ニュース