記事詳細

2019年若手女子プロ注目度No.1 松田鈴英にインタビュー「巨人ファンだけど好きなタイプは中田翔」 (1/3ページ)

 ■「賞金ランク10位以内が目標」

 細身ながら豪快なドライバーショットが持ち味の松田鈴英(20)。“黄金世代”と呼ばれる逸材がそろった2017年プロテストでトップ合格し、18年ツアーはトップ10入り10回。キュートな笑顔で人気も急上昇中だ。(聞き手・米沢秀明)

 --18年を振り返って

 「自分が思っていた以上の成績を出せて、びっくりしたという感じです。シーズン終盤に『NOBUTA GROUP マスターズ』(4位T)、『伊藤園』(10位)、『大王製紙エリエール』(2位)で優勝争いを3回できたのは大きいです。でも、伊藤園(最終日単独首位スタートも「75」で失速)では人生で一番悔しい思いをしました」

 --ショットメーカーとしても評判ですね

 「飛ぶ方だといわれて、そうなのかなって感じです」

 --今季開幕直後は

 「予選落ちが多くて、パッティングに苦しんでいましたが、クローグリップにしてからよくなりました。スムーズにストロークできるようになったんです。普段は父もアドバイスしてくれます。一緒にゴルフをやってきた姉がいまは辞めて、一般の仕事に就いているのですが、応援が心強いですね」

 --優勝に足りなかったのは

 「やっぱり技術もそうですが、最後に縮こまったプレーになったのではないかと思います」

 --技術的にレベルアップしたい部分は

 「アプローチと微妙な距離のコントロールですね。8番と9番の間の距離のときにどう打つか。そういうところですね」

関連ニュース