記事詳細

球団と再契約も飼い殺し状態… イチローにフル出場待望論 日本開幕戦後、再びフロント入り確実も (2/2ページ)

 背景にはマリナーズが今オフ、チームを根本から作り替えるため、スター二塁手のカノ、昨季57セーブの守護神ディアス、エース左腕パクストンらを次々と放出。「今季は100敗する」とまで予想されている事情がある。

 「マリナーズは、45歳のレジェンドを4番目の外野手として起用することで失うものは何もない。今年のマリナーズにとって勝利は問題ではない。イチローを代走や代打で起用すべきだ。投げさせてもいい。彼がいれば、惨めな2019年は少しでも最悪の状態から遠ざかるだろう」

 メジャー最弱球団には、イチローがいても邪魔にはならない。むしろベテランの活躍がファンには新鮮というわけ。

 こうした声が高まり、地元シアトルのファンに火がつけば、イチローの立場が大きく変わる可能性もある。

関連ニュース