記事詳細

40歳“ボンバーヘッド”中沢引退 元サッカー日本代表

 サッカーJ1横浜Mは8日、元日本代表DF中沢佑二(40)が引退すると発表した。昨年8月に左膝痛などの影響で、いずれもGK以外では歴代最多だったリーグ戦連続出場記録が199試合、連続フル出場が178試合でストップ。その後の治療で、思うように回復しなかった。

 埼玉・三郷工技術高を卒業後にブラジルに留学し、1999年にV川崎(現東京V)入り。2002年に横浜Mに移り、03年からのリーグ2連覇に貢献した。04年には日本人DFとして初めてJリーグの年間最優秀選手に輝いた。J1通算593試合出場は歴代3位。

 日本代表としてワールドカップ(W杯)には06年ドイツ、10年南アフリカ両大会に出場。歴代6位タイの国際Aマッチ110試合に出場し、17得点だった。

 身長187センチの長身で、「ボンバーヘッド」の愛称で親しまれた。クラブ側は契約延長を求めたが、本人は納得できるコンディションに戻すことが難しいことから身を引くことを決めた。