記事詳細

日本ハム・清宮、キャンプ2軍スタート危機! 輝星から“指名”が入るも、右手首完治せずバットは振れず… (2/2ページ)

 そして昨年の11月の秋季練習中には右手首を負傷。「すぐに治ると思う」と当初は軽症とみられていたが、年をまたいでもバットが振れていない。吉村浩GMは「キャンプのメンバーはまだ決まっていないが、野手のリハビリ組はアリゾナには行かない」と説明。1軍スタートには右手首の完治が必要だ。

 あるコーチは「練習量が増えるとケガが出てくる。投手ほどではないが、打者がフルスイングできるようになるのも時間は掛かる。2月16日に間に合うかどうか」と眉を寄せる。

 輝星フィーバーに沸く鎌ケ谷で、新旧ドラ1の明暗が別れるのか。(片岡将)

関連ニュース