記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】“切り札”投入で「現役ドラフト」本当に実現する? “余剰戦力”あふれる巨人には脅威か (2/2ページ)

 今季で西武との3年契約が切れ、海外FA権を取得する見込みの秋山はメジャー移籍を視野に入れており、日米での争奪戦が予想されている。今オフの丸の後を受け、来オフの主役になることは間違いない。

 「こういう場に来ないと気づかないことがある。貴重な時間だった」と事務折衝参加の意義を強調したが、丸とのコンビは選手関係委員会に早速衝撃を与えた。

 選手関係委員会の谷本委員長が「一流選手は考え方がしっかりしている」と丸、秋山を絶賛したのだ。選手会サイドの思惑通りだが、NPBだけでなく、巨人も油断大敵といえる。労組・選手会会長の炭谷が西武からFA移籍し、丸とコンビを組めば、親会社や球団にとって脅威だろう。

 そもそも現役ドラフト導入となれば、今オフの金満補強で余剰戦力があふれる巨人が標的になることも予想される。久しぶりの超大型補強大成功と、浮かれてばかりはいられない。(江尻良文)

関連ニュース