記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】「新ルール」ドロップは“膝の高さ”から 従来の肩の高さからドロップは1打罰に

★番外編(1)

 2019年からルールが大きく変わっていることは、もちろん皆さんもご存じでしょう。プロツアーで、旧ルールとの違いを最も感じられる改定点は、ドロップかもしれません。

 これまでは、ニヤレストポイントからワンクラブレングス以内に肩の高さから落下させ、その位置から2クラブレングス以内にボールがあれば、インプレーでした。新ルールでは、膝の高さからドロップし(写真)、ドロップの起点となるニヤレストポイントから、ワンクラブレンス以内に止まらなければなりません。この点は、すぐにでも覚えておきましょう。

 というのも、従来通り肩の高さからドロップして、プレーした場合は1打罰になるからです。早々に癖を付けておかなければ、ラウンド中に痛い目に遭いますからご注意ください。(モデル・野田すみれプロ)

 そして今回はこの連載のパター編で何度も活用してきた朝日ゴルフの「アイラインゴルフ」より、「エッジパッティングレール70」を2人、「ペンデュラムパッティングロッド」を2人にプレゼントする企画をご用意しました。

 はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、希望賞品、「山本幸路 ドーパミンゴルフ」の感想を明記し、〒100-8160 夕刊フジ運動部「ドーパミンゴルフ 朝日ゴルフ『アイラインゴルフ』」プレゼント係まで。2月8日必着。発表は同面で2月15日。

 たくさんのご応募をお待ちしております。

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース