記事詳細

中東4カ国が国交断絶中…22年W杯カタール大会に暗雲、アジア杯でも対立感情が噴出 (2/2ページ)

 カタール・メディアとしてアジア杯を取材したマハムード・ファドリ記者は入国が大会途中まで認められなかったという。

 和解の象徴となるW杯共催の実現には懐疑的で「(断交していない)クウェートやオマーンとなら可能かもしれないが…」と表情を曇らせた。

 カタールで行われるW杯では、アジア杯とは逆に、カタールと断交中の国々の代表が危険にさらされる可能性もあり、関係者にとって頭の痛い問題だ。

関連ニュース