記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】アイアンがしっかり打てない… ティーアップ練習はスコアライン下2本で打つ (1/2ページ)

★木下稜介

 アマチュアゴルファーの悩みとしてよく耳にするのが、「アイアンがしっかり打てない」「番手通りの飛距離が出ない」です。

 実際、そういうゴルファーのスイングを見ると、ダウンスイングで右肩が下がり、クラブが下から入ってフェースの上にボールが当たっているケースがあります(写真〔1〕)。また、フェースの上に当たるのを避けようとしてインパクトで体が伸び上がってしまい、結果的にフェースの下の方で打ってしまうという人もいます(〔2〕)。

 いずれにしても、このようなスイングをしていては、番手通りの飛距離を期待することはできません。

 ではどうすれば、芯に当たるようになるのか?

 まず、右肩が下がる原因ですが、アマチュアによく見られるのは左腰の回転が止まってしまうケースです。

 ダウンスイングからインパクトにかけて腰がスムーズに回転していれば肩も水平に回っていくのですが、「ボールを上げたい」などの気持ちが働くことで、途中で左腰の動きが止まってしまい、左サイドが詰まって右肩が下がりやすくなってしまうのです。

 これを防ぐためにも、ダウンスイングからフォロースルーでは左腰をしっかり後ろに回していくという意識が必要です(〔3〕〔4〕〔5〕)。そうすれば肩が水平に回り、右肩が下がることはなくなります。

 また、ドリルとしてオススメしたいのは、ティーアップしたボールを打つ練習です(〔6〕)。

関連ニュース