記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】アイアンがしっかり打てない… ティーアップ練習はスコアライン下2本で打つ (2/2ページ)

 具体的には、ロングティーを少し長めに刺して完全にボールが浮いている状態にして、スコアライン(溝)の下から2本目と3本目の間あたり(〔7〕)に当たるように打つ練習をすることです。

 私の場合は、7番アイアンでこのドリルをやっていますが、アイアンショットに自信のない人は9番アイアンでもOKです。

 この練習を積むことによって、胸と地面との距離もしっかり保たれるようになる(前傾姿勢がキープできる)ので、アイアンショットのミート率もアップするはずです。そして、芯に当たれば曲がらないだけでなく、飛距離も大幅に伸びます。

 プロが9ホールのマッチプレーで真剣勝負する120分番組。2月は2019年にツアー初優勝を目指す木下稜介vs中西直人の対決。新シーズンでの飛躍を期待される2人が、熱いバトルを繰り広げる。視聴問い合わせ0120・562・034

 ■木下稜介(きのした・りょうすけ) 1991年7月16日奈良県生まれ。174センチ、75キロ。大阪学院大学ゴルフ部出身で、大堀裕次郎とは同期。2014年プロデビュー。QT3位で臨んだ18年シーズンは、AbemaTVツアーでプロ初優勝を果たし、19試合に出場したレギュラーツアーでも予選落ちわずか5回と健闘。賞金ランク54位で19年の出場権を獲得した。

関連ニュース