記事詳細

“体調不安説”アントニオ猪木氏が初めて『馬場追善興行』に現れたワケ 「私もそろそろ“送られ人”に…」 (1/2ページ)

 『ジャイアント馬場没20年追善興行』が19日に東京・両国国技館で開催され、体調不安説がささやかれているアントニオ猪木氏(76)が健在ぶりをアピールした。

 「元気ですか!! 元気があれば何でもできる。元気があれば“送り人”もできる」とオープニングセレモニーで第一声。馬場さんは1999年1月31日に61歳で亡くなったが、「(普通は)20年たつと忘れられてしまうが、会場にたくさん人が駆けつけてくれて、ジャイアント馬場に成り代わってお礼を申し上げます」と頭を下げ超満員の観衆を沸かせた。

 猪木氏は昨年9月に北朝鮮から帰国した際、車椅子姿でファンを心配させたが、76歳の誕生日(20日)を翌日に控えたこの日は歩いてリングサイドへ。現役時代からの持病である糖尿病が悪化しているとの説もあり、「年を取るのはしようがない。私もそろそろ“送られ人”になりそうかな。そのときは10年くらい覚えていてもらおうと思ってますけどね」と“燃える闘魂”らしからぬ弱気なコメントも飛び出した。

 「私がいつも挑戦し続けたので、馬場さんも困っただろうと思う。最後にもらった手紙に『さんずの川で待っている』と。挑戦を受けるべきか、逆に私が困りました」とエピソードを披露。馬場さんとはライバルだったため、今回はまさかの登場で「みなさんに乗せられた部分もある。喜んでもらうことはいいことだ。馬場さんも喜んでくれているんじゃないですかね」と感慨深げに語った。

関連ニュース