記事詳細

川崎・レアンドロに直撃! 「毎試合前、必ずブラジルの家族に電話するよ」

 夕刊フジは21日、川崎市内のチーム施設でレアンドロ・ダミアンに聞いた。

 --いよいよ開幕。試合前の願掛けなどは

 「毎試合前、必ずブラジルの家族に電話をするよ」

 --日本からだと電話代が…

 「大丈夫さ。ブラジル版WhatsApp(ワッツアップ)を使えばね。LINE(ライン)と同じ使い方だよ。試合前に電話して、『BOA SORTE(ボア・ソルチ=頑張って!)』って言ってもらうんだ」

 --毎試合ゴールパフォーマンスを考えている?

 「ブラジル時代、年間41ゴールを決めたときには、さすがにネタ切れになったよ(笑)」

 --ゼロックス杯では日本の人気漫画「ドラゴンボール」の合体技を模したパフォーマンスを見せた。23日のJリーグ開幕戦(VSFC東京=等々力)では何を見せてくれるのか

 「先に何をやるか言ってしまったら、ゴールができなくなっちゃうよ(苦笑)」

 --両手の人さし指と中指を鼻の下に当てる“口ひげポーズ”も時々見せている

 「あれはオヤジ(父・ナタリーノさん)へのリスペクトの意味さ」

 ブラジルのスラム街で育ち、10代では日本円で1試合1000円台のギャラでストリートサッカーの助っ人として技術を磨いた雑草FWでもある。最近は、ブラジル人が普通あまり好まないカレーライスのとりこだ。

 攻撃のコンビを組む主将の小林悠(31)は「本番型です(笑)。練習とは全く違う。(Jリーグ開幕戦でも)驚かせてくれますよ」と請け合っている。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

関連ニュース