記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】「ボールの位置」ショート気味のときは右足側に10センチ、5ヤード距離を抑えたいときは左足側に10センチ (1/2ページ)

★アプローチ 距離感編

 今週はボール位置で距離感を変える方法です。

 支点を考えず、必死でボールに当てようとしている方は、ボール位置を変えるなんて「当たらなくなる!」と不安に思うかもしれませんが、第1話から毎週テーマに沿って練習してきた方には、きっと理解してもらえるものと思います。

 年数回しかゴルフ場に足を運ばないアマチュアゴルファーには難しいですよね。でも安心してください。

 ボールの位置が多少、左右にズレたとしても、構え方やセットがうまくいっていれば、特別な動きをしなくても自動的にボールはフェースに乗るのです。

 それでは本題です。

 気持ち良くスイングすると、若干届かない、または、オーバーという日がありませんか。1日かけて感覚を合わせているうちに、その日のラウンドが終了、なんてことがありますよね。

 そんな時のために、ショート気味の日は、ボールを右足側に10センチ寄せてセットし、ソールを浮かせて構えましょう。ダウンブローに当てることでイメージよりも約5ヤード遠くにボールが行ってくれるはず。

関連ニュース