記事詳細

阪神・藤浪、オープン戦で大乱調… すっぽ抜けに評論家ら失笑も (2/2ページ)

 矢野監督は「後退しているわけではない。今すぐ結果が出るのが一番いいが、成長していければいい」とフォローしたが、チーム関係者は「藤浪は結局のところ、報道陣の取材でも収穫を口にすることが多いが、現実に試合に勝てていないのだから、反省点の方が多いのが当然。そこを彼自身がどこまで受け止められているのか」と首をかしげる。150キロを超える荒れ球が持ち味とはいえ、このままではチームにとって計算できる投手にはほど遠い。

 降板後も、メイン球場に隣接するブルペンで投球練習に取り組んだが、終盤の立ち投げで、捕手の岡崎がミットを思い切りに伸ばし辛くも捕る姿も。抜群のポテンシャルが発揮される日は来るのだろうか。(山戸英州)

関連ニュース