記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】クラブヘッドの軌道で「スピン」の増減をコントロール! (1/2ページ)

★アプローチ スピン編

 グリーンが硬かったり柔らかかったり、天候や季節によってもさまざまな条件があります。直接乗せてすぐに止まってほしいときもあるし、グリーンの外からの転がしなど、止まってほしくないときもあります。

 プロはスピンコントロールで、止める打ち方をしたり、止まらない打ち方をしたりしてその難関をクリアしていきます。では、どの様にしたら良いのでしょうか。

 通常のスピン量のピッチエンドランで打つ場合は、ストレートにフェースを若干開きながらバックスイングし、そのフェースを戻しながらストレートに振り抜きます。

 スピンをかける場合は、フェース面を目標へ向けたままキープし、アウトサイドインにヘッドを動かします。そのとき、フェースの上をヒールからトゥへボールが抜けるように使います(写真〔1〕)。

 逆にスピンを減らしたい時は同じくフェース面を目標へ向けたままキープし、インサイドアウトにヘッドを動かして、フェースの上をトゥからヒールへボールが抜けるように使います(同〔2〕)。

 このようにクラブヘッドの軌道でスピンの増減をコントロールすることができるようになれば、さまざまな条件に対応する技術を習得できます。

関連ニュース