記事詳細

23年サッカー女子W杯、韓国・北朝鮮共催案が急浮上 FIFAも乗り気?で日本誘致に暗雲 (1/2ページ)

 日本の2023年サッカー女子ワールドカップ(W杯)招致に暗雲が垂れ込めた。国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティノ会長(48)が、韓国と北朝鮮が同W杯の南北共催に乗り出す可能性があると明かしたのだ。

 同会長は英「タイムズ」紙に「その話は聞いている。素晴らしいことで、サッカーの力を示せるだろう」と語った。南北は32年夏季五輪の招致にも共催で名乗りを上げており、FIFAも“平和の祭典”をアピールできるとみて乗り気のようだが、そんな雲をつかむような話を信じていいものだろうか。

 一方、日本サッカー協会は今月15日の定例理事会で23年女子W杯招致を決め、正式に名乗りを上げる予定。田嶋幸三会長(60)は「必ず実現させたいと考えている。世界に向けて女子サッカーを発信していきたい」とコメントしている。

 日本協会は当初、今年(2019)の女子W杯招致を検討していたが、新国立競技場(11月完成予定)建設の遅れや、来年に東京五輪を控えている事情などから断念。今年のW杯はフランスで行われることになった(6月7日開幕)。

 23年大会招致の登録期限は来月16日で、すでに豪州、コロンビア、南アフリカなどが立候補を表明しているが、豊富な国際大会の開催実績などから日本が本命候補と目されてきた。

関連ニュース