記事詳細

マンU、劇的逆転で8強入り 欧州CL 

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は6日、パリで決勝トーナメント1回戦第2戦が行われ、過去3度優勝のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)とポルト(ポルトガル)がベスト8入りした。

 マンUは敵地でパリ・サンジェルマン(PSG、フランス)に3-1で勝って2戦合計3-3で並び、アウェーゴール数で上回って5季ぶりに準々決勝に進んだ。

 マンUは負傷者が続出。PSGもエースFWネイマールを負傷で欠いた。

 敵地で2点以上が必要なマンUは前半2分、FWルカクがバックパスをカットして先制。同12分にDFベルナトのゴールで追いつかれたが、同30分、FWラッシュフォードのミドルシュートからルカクが押し込み勝ち越した。

 後半は拮抗状態となったが、試合終了間際、ビデオ判定でPSGのDFキンペンべのハンドが認められ、マンUはPKを獲得。ラッシュフォードが決めて劇的な逆転進出となった。

 ポルトはホームで昨季4強のローマ(イタリア)を延長の末に3-1で下し、2戦合計4-3で4季ぶりに8強入りした。