記事詳細

J1神戸の止まらぬ“オールスター化” イニエスタ、ビジャに続きサンペール獲得

 サッカーJ1神戸は飽くなき“世界オールスター”化を進めている。

 7日にはスペイン1部リーグの超名門バルセロナに所属していたスペイン出身のMFセルジ・サンペール(24)の獲得を発表。都内でクラブの会長の楽天・三木谷浩史会長兼社長(53)とともに記者会見したサンペールは、「神戸のユニホームを着られることは名誉なこと」と語った。

 バルセロナの下部組織出身で、主に守備的MFとしてプレー。スペインでは年代別代表を経験したが、バルセロナのトップチームでの出場機会は少なかった。

 元スペイン代表のMFアンドレス・イニエスタ(34)、FWダビド・ビジャ(37)に続いて、バルセロナでプレーした選手が加入。さらに神戸には元ドイツ代表で、2014年W杯優勝メンバーのFWルーカス・ポドルスキ(33)も在籍している。

 サンペールは「昔の同僚のイニエスタがいて、他にもポドルスキら世界的に有名な選手が活躍しているし、日本選手でも山口(蛍)をはじめ素晴らしい才能を持った選手がいる。その一員として活躍できることを非常に楽しみにしている」とクラブの現状を把握済み。

 イニエスタから電話をもらい、「神戸の街はきれいでバルセロナに似ていて、住めばきっと気に入る。バルセロナと同じようなプレースタイルでやっていて困ることはない。素晴らしいサッカー人生のステップになる」と励まされたという。

 J1は今季外国人枠を、選手登録は無制限、ベンチ入りおよび同時出場は5人までに拡大。神戸はこれをフルに活用するつもりだ。

関連ニュース