記事詳細

香川真司“人が変わった”ワケ 10番問題にニヤリ「聞かれると思いましたよ」 サッカー日本代表 (1/2ページ)

 いわば“香川シリーズ”だ。キリンチャレンジ杯(22日・対コロンビア=日産ス、26日・対ボリビア=ノエスタ神戸)に向け、サッカー日本代表合宿が18日にスタート。昨年のW杯ロシア大会以来の招集となった香川真司(30)=ベシクタシュ(トルコ)=に注目が集まっている。

 今週は、イチローが出場する米大リーグ開幕2連戦(20、21日=東京ドーム)、フィギュアスケートの世界選手権(20-24日=さいたまスーパーアリーナ)などビッグイベントがめじろ押し。それでもコロンビア戦のチケットは完売で、当日は6万人近い大観衆が詰めかける。その一番のお目当てが香川であることは間違いない。

 「昨年の10月頃は(日本代表に招集されず)なんか変な気分でした」と香川。「カタールに向けて、自分の持っているものを代表に還元したい」と早くも2022年W杯カタール大会出場にも意欲を示した。

 まるで人が変わったようだ。これまで香川といえば“記者泣かせ”。ミックスゾーンでの取材では、声がか細く聞こえないことがほとんど。いつ何を聞かれても自信なさげだった。

 ところが合宿初日のこの日は、練習中から大声を張り上げ、ミックスゾーンでも質問する記者の目をきちんと見て、しっかりした滑舌で話した。

関連ニュース