記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】左足上がりはインサイドアウト、左足下がりはアウトサイドイン! (1/2ページ)

★アプローチ傾斜での対応編(1)

 基本の動きを学んだ皆様には、傾斜の対応について説明していきます。

 なぜ、普通のスイングではダメなのか-。当たらないからです。通常は何度も何度も失敗し、その中で打ち方を築き上げていくものですが、そんな遠回りを私はさせません。「これがベストです」とお伝えしますので、それを実行していってください。

 まずは、左足上がりの傾斜についてです。

 諸説ありますので、傾斜なりに構えても構いませんが、ロフトが開き過ぎて距離感が変わってしまいますので、ここはあえて傾斜を無視して構えることにしましょう。

 ボール位置は左足上がりではロフトが寝るので、右足寄りにセットします(写真〔1〕)。グリップエンドをスイングの支点にして、傾斜に沿うようにインサイドアウトの軌道でスイングします(同〔2〕)。

 恐らく、この傾斜のアプローチ時は、グリーン面も自分の足よりも高い位置にあると思います。ピン位置がグリーンの真ん中から奥ならば、少しボールが転がった方が距離感を合わせやすくなるので、胸骨の支点を使います。グリップエンドを支点にするより、なだらかなインパクトになるので強いスピンを避けられます。ボール位置と軌道は同じです。

関連ニュース