記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】左足上がりはインサイドアウト、左足下がりはアウトサイドイン! (2/2ページ)

 次に、左足下がりの傾斜についてです。

 これも諸説あり、傾斜なりに構えても構いません。ロフトが立ち過ぎるとボールが浮かなくなるので、ここもあえて傾斜を無視して構えることにしましょう。

 ボール位置は左足上がり同様に右足寄りにセットします。恐らくこの傾斜のアプローチ時は、止まりにくい傾斜がグリーン面にあるでしょう。グリップエンドの支点を使い、傾斜に沿うようにアウトサイドインの軌道でスイングします。

 スイングをするときに注意してほしいのは、フェース向きをキープしようと思わず、インサイドアウトに動かすときはフェースをかぶせるようにターンさせます。反対にアウトサイドインに動かすときは、フェースを開く方向へターンさせます。

 フェース面を常に回転させるように使うことで、ヘッドがボールの下を通過する“ダルマ落とし”を防げます。ぜひ、試してください。(モデル・野田すみれプロ)

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース