記事詳細

【艇王・植木通彦 不死鳥伝説】慎重でありながら守りに入らず、攻めていく気持ちを忘れないように (2/2ページ)

 流れというものはすごいものです。優勝戦ではそのまま1コースからイン逃げを決めて優勝となりました。慎重になりすぎないチャレンジ精神が必要以上の力みを抑え、平常心でレースに臨めたことが良い結果につながったと思います。やはり平常心が大切なんです。

 実はその前のオーシャンカップ、そしてこのチャレンジカップと、いずれも1コースから優勝しています。外からスタートを決めて攻めていく私のレーススタイルからは珍しい勝利です。過去10回のSG優勝中、1コースからは3回しか優勝していません。1枠でも外のコースに出ることもあったほどです。逆に1コースが少し弱かったのかもしれません。それでご迷惑をおかけしたファンの皆さんがいたら、すみませんでした(笑)。

 次回は年末のSGグランプリでの優勝について詳述する。

 ■植木通彦(うえき・みちひこ) 1968年4月26日福岡県生まれ。福岡県立博多青松高校卒。86年11月デビュー。2007年7月の引退までSG優勝10回を含む74回の優勝、公営競技初の年間獲得賞金2億円を達成したボートレース界のレジェンド。日本モーターボート競走会やまと学校(現ボートレーサー養成所)校長などを経て今年5月、初代ボートレースアンバサダーに就任。

関連ニュース