記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】原英莉花「『おなかの位置キープ』でスイングの“軸ブレ”防ぐ」 (1/2ページ)

 私がスイングで意識していることを紹介しましょう。

 私は飛距離を出そうと意識するあまり、テークバックで体重移動をし過ぎてしまい、体が右に流れるという欠点がありました。その一方で、その欠点を意識し過ぎ、体重移動を抑えようとして動きが小さくなり過ぎてしまうということもありました。

 そこで、テークバックの際、「おなかの位置をキープしながら(写真〔1〕)、手がピンと伸びるまでクラブを真っすぐ引く(同〔2〕)」ようにしたのです。こうすることで、スイングの軸を動かさずに体を大きく動かすことができるようになるからです。

 アマチュアゴルファーの中にも、「力のわりに飛距離が出ない」と悩んでいる人が多いようですが、そのほとんどが“軸ブレ”に原因があるように思います。

 どんなに力があっても、バックスイングで体が流れてしまっては、せっかくのパワーをボールに伝えることができません。

 スエー気味の人は、私のように、「おなかを動かさずに真っすぐ引く」を意識してみてください。特別に力を入れなくても、飛距離がアップするはずです。

関連ニュース