記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】選手ドキドキワクワク? 「令和」の初球、1号バットなどを野球殿堂博物館に寄贈へ

 セ、パ両リーグの理事会が1日に都内で行われ、“令和1号”本塁打を放ったバットなどを、都内の野球殿堂博物館に寄贈することを決めた。

 その他、平成最後の6試合のウイニングボール、令和最初の6試合の開始直後の1球目のボールも、本塁打を打った選手や投げた投手がサインをした上で、同博物館に展示される。

 平成最後の試合は、パが29日の日本ハム-ソフトバンク(札幌ドーム)、楽天-ロッテ(楽天生命パーク)、オリックス-西武(京セラドーム大阪)。セが30日の巨人-中日(東京ドーム)、DeNA-ヤクルト(横浜)、阪神-広島(甲子園)。

 令和最初の試合は5月1日、パが西武-日本ハム(メットライフドーム)、オリックス-ロッテ(京セラドーム大阪)、ソフトバンク-楽天(ヤフオクドーム)。セは「平成最後」と同じカードで行われる。

 メモリアルゲームの記念品に名を残すのは誰になるのか。ファンは興味津々、一生の思い出になる選手たちはドキドキワクワクだろう。(江尻良文)

関連ニュース