記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】シャフト立ててるつもりが寝ている 自分の感覚と実際の動きのズレ埋めるには… (1/2ページ)

 【今週の質問】私はダフリやプッシュアウトの癖があり、強いフックもよく出ます。「ダウンスイングでシャフトが寝ているのが原因」とレッスンプロに言われたので、立てて下ろすようにしています。自分では垂直に立てるくらいのつもりなのですが、それでもまだ「寝ている」と言われるのです…。

 自分の意識と実際の動きにはギャップがあるものである。

 自分ではスクエアなスタンスをとっているつもりなのに、いつも目標より右を向いて構えてしまうとか、スタンスの左足寄りにボールをおいているつもりなのに、実際には真ん中よりも右に置いているとか、とかく感覚のズレや錯覚はあるものだ。

 私はしっかりつかまったフックボールをいつも打ちたいと思っている。

 だから、スイングはフラットな感覚、やや横に振るような感覚が大事だと思っている。ダウンスイングでシャフトを背中側に大きく倒すような感覚を持ってフックボールを打っている(写真〔1〕)。

 ところが、実際のダウンスイングはこんな感じ(〔2〕〔3〕)。

 トップスイングは高く、クラブヘッドは切り返し後、あまり背中側に倒れるという動きはなく、むしろ早い段階で顔の横に出てきて、シャフトが立って降りてきている。

関連ニュース