記事詳細

【これで納得?!2019施行新ルール】ラフでボールが地面に食い込んでいたら…

★(11)

 ドライバーショットでラフに打ち込んでしまった。ボールのところにいって状況を確認したら、そのボールはラフに突き刺さるような状態で止まっていた。

 従来は、それでもあるがままの状態でプレーしなければならなかった。新ルールでは、救済を受けられることがあるから、もう一度じっくりとチェックしておきたい。

 もし、自打球の勢いでラフに埋まっただけではなく、地面にまで食い込んでいたら、ボールをピックアップしてヒザの高さからのドロップが認められるのだ。このケース、従来はフェアウエーにあるボールにしか適用されなかったが、新ルールでは、ラフでも同様の措置がとれることになった。さらに、ボールの交換も認められる。

 ラフで地面にまでボールが食い込んでいる状況にガッカリすることはない。新ルールでは、ドロップしたボールでターゲットを狙っていける。このルールを知っていれば、同伴競技者に確認してもらうまでもなく、自分の判断で処理できるから、しっかりチェックしよう。

関連ニュース