記事詳細

【編集局から】ヤクルト・スワローズ、球団設立50年を迎え…OBも各方面で活躍

 ヤクルト・スワローズは球団設立50年を迎えましたが、OBも各方面で活躍しています。

 1990年代の野村ヤクルト時代に、イケメン外野手として人気があった城友博さん(49)は昨年2月に設立した「ジェイシップ」の代表取締役として、3月25日に「2019ベストオブミス愛知」を名古屋国際会議場で開催。世界的ミスコンテストの合同地方代表選考会で、ミス・ユニバース・グランプリに松井るな、ミス・グランド・グランプリに上田麻未、ミス・ユニバーシティーに葛屋朱莉が選ばれました。

 ファイナリストはビューティーキャンプと題した、独自のカリキュラムで支援するレッスンプログラムを受けて大会に出場。城さんは「最初はどうなるかと思ったけど、ビューティーキャンプのウオーキングやスピーチのレッスンで、日がたつごとにきれいになって変わっていく姿や頑張りに感動しました」と振り返りました。

 今後は、以前から行っている野球部学生・体育会系学生に特化した就職、採用支援と平行し、多角的に事業を広げていく方向。7月11日のOB戦「スワローズドリームゲーム」にも出場予定で、ますますの健闘が期待されます。(運動部・塚沢健太郎)